試合会場レポート

試合番号119

開催日2022/10/30

2022-23 V.LEAGUE DIVISION1 MEN   V・レギュラーラウンド

会場 : ウィングアリーナ刈谷

観客数:2500 開始時間:13:00 終了時間:15:00 試合時間:2:00 主審:城 智人 副審:戸川 太輔

ジェイテクトSTINGS

監督 ファジャーニ フェデリコ
コーチ 酒井 大祐
   
通算 1 勝 3 敗
ポイント 3
1 25 第1セット
【0:25】
20 3
19 第2セット
【0:25】
25
22 第3セット
【0:25】
25
21 第4セット
【0:29】
25
第5セット
【】

堺ブレイザーズ

監督 中垣内 祐一
コーチ 長江 祥司
   
通算 4 勝 0 敗
ポイント 12

ポイント

0

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

3

<監督コメント>

 昨日に比べて良い試合内容でしたが悔しい結果となりました。
 本日もたくさんのご声援ありがとうございました。
 来週もよろしくお願いいたします。

25
  • 柳田
     
  • 都築
     

  •  
  • 村山
     
  • 関田
     
  • ウルナウト
     

1


  • 迫田
     
  • 深津
     
  • 松本
    (山口)
  • 出耒田
    (赤星)
  • バーノン
     
  • 高野
     
20

リベロ:

本間、高橋

リベロ:

山本

19

  •  
  • 柳田
     
  • 関田
    (福山)
  • 都築
     
  • ウルナウト
     
  • 村山
     

2


  • バーノン
     
  • 松本
    (山口)
  • 高野
     
  • 迫田
     
  • 出耒田
     
  • 深津
     
25

リベロ:

本間、高橋

リベロ:

山本

22
  • 柳田
     
  • 都築
     

  •  
  • 村山
     
  • 関田
    (福山)
  • ウルナウト
     

3


  • 松本
    (赤星)
  • 迫田
     
  • バーノン
     
  • 深津
    (重留)
  • 高野
     
  • 出耒田
    (山口)
25

リベロ:

本間、高橋

リベロ:

山本

21

  •  
  • 柳田
     
  • 関田
    (袴谷)
  • 都築
    (河東)
  • ウルナウト
     
  • 村山
     

4


  • バーノン
     
  • 松本
    (赤星)
  • 高野
     
  • 迫田
     
  • 出耒田
    (山口)
  • 深津
    (重留)
25

リベロ:

本間、高橋

リベロ:

山本


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 昨日に引き続き、3ポイントを獲得することができ、チームとしても大きな勝利となりました。
 全セット、苦しい戦いとなりましたが、チームはよく戦ってくれました。
 来週のホームゲームに向けて、またチームとして修正して臨みます。
 今日も熱い応援、ありがとうございました。来週のホームゲームも応援、よろしくお願いします。

<要約レポート>

 ジェイテクトSTINGSが堺ブレイザーズをホームに迎えての第2戦。
 第1セット、ジェイテクトは柳田、堺はバーノンの点の取り合いでスタートする。終盤まで2点以上の差が開かないまま進むが、ジェイテクトは18‐17から村山のクイックや都築のアタックで3連続得点。その勢いのままゲームを進め、最後は柳田のブロックでセットを先取した。
 第2セット、序盤からジェイテクトは関田のサービスエースや村山のブロックで引き離そうとするが、一進一退の展開となる。中盤以降に堺は迫田のサーブでブレイクに成功し逆転。その後も、バーノンのブロックなどで主導権を握り、点差を広げてセットを奪い返した。
 第3セット、共に強打を繋ぎ、点を取り合う緊迫した試合展開に会場は拍手で盛り上がる。堺は17‐18で山口をリリーフサーバーに起用し、迫田のアタックで3連続得点に成功すると流れを引き寄せ、最後はバーノンのアタックでセットを連取した。
 第4セット、後の無くなったジェイテクトは6‐9とリードされる苦しい展開から、柳田がアタックを3本連続で決め同点に追いつく。しかし堺はバーノンと迫田がアタックとブロックで得点を重ね試合に勝利した。