試合会場レポート

試合番号127

開催日2022/11/06

2022-23 V.LEAGUE DIVISION1 MEN   V・レギュラーラウンド

会場 : YMITアリーナ

観客数:1572 開始時間:12:00 終了時間:13:55 試合時間:1:55 主審:森口 豊 副審:小松 剛

東レアローズ

監督 篠田 歩
コーチ 阿部 裕太
   
通算 4 勝 2 敗
ポイント 11
1 15 第1セット
【0:23】
25 3
25 第2セット
【0:24】
18
21 第3セット
【0:26】
25
23 第4セット
【0:33】
25
第5セット
【】

ジェイテクトSTINGS

監督 ファジャーニ フェデリコ
コーチ 酒井 大祐
   
通算 2 勝 4 敗
ポイント 6

ポイント

0

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

3

<監督コメント>

 今日は男女アローズホームゲーム共同開催2回目ということで2連勝でしめたかったのですが、ジェイテクトSTINGSの強いサーブに苦しめられました。また二段トス、ラストボールなど細かい部分の精度も低かったと思います。
 この負けを次に生かせるようしっかり練習して参ります。女子アローズの応援もよろしくお願いします。
 本日はたくさんの応援ありがとうございました。

15
  • パダル
     
  • 高橋
    (峯村)
  • 富田
     
  • 小澤
     
  • 難波
    (西本)
  • 酒井
     

1



  •  
  • ウルナウト
     
  • 都築
     
  • 関田
    (福山)
  • 柳田
     
  • 村山
     
25

リベロ:

山口

リベロ:

本間、高橋

25
  • 西本
    (難波)
  • 富田
     
  • 酒井
     
  • パダル
     
  • 小澤
     
  • 高橋
    (真子)

2



  •  
  • ウルナウト
     
  • 都築
    (袴谷)
  • 関田
    (福山)
  • 柳田
     
  • 村山
     
18

リベロ:

山口

リベロ:

本間、高橋

21
  • 富田
     
  • パダル
     
  • 西本
    (難波)
  • 高橋
     
  • 酒井
     
  • 小澤
     

3



  • (袴谷)
  • ウルナウト
     
  • 都築
     
  • 関田
     
  • 柳田
     
  • 村山
     
25

リベロ:

山口

リベロ:

本間、高橋

23
  • 西本
     
  • 富田
     
  • 真子
    (手塚)
  • パダル
     
  • 小澤
     
  • 高橋
    (酒井)

4



  • (袴谷)
  • ウルナウト
     
  • 都築
    (河東)
  • 関田
    (福山)
  • 柳田
     
  • 村山
     
25

リベロ:

山口

リベロ:

本間、高橋


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 まずは東レアローズの粘り強いプレーを讃えたいと思います。昨日以上にチーム一丸となってプレーできたのが勝利につながりました。
 来週の試合に向けてしっかりと準備をしていきますので、応援の程よろしくお願いします。

<要約レポート>

 ホーム(滋賀県)での2連勝を目指す東レアローズとジェイテクトSTINGSの対戦。
 第1セット、序盤からジェイテクトはウルナウト、柳田、都築がバックアタックを連続で決め流れをつかむ。東レもパダルのアタックで反撃するも、ジェイテクトは高橋の堅い守りからウルナウト、柳田へつなぎ得点を重ね、セットを先取した。
 第2セット序盤、両チームは一進一退の攻防を繰り広げる。東レは8-7からパダルのブロック、富田のサーブが連続で決まり14-10とリードする。終盤も東レの勢いは止まらず、このセットを奪い返した。
 第3セット、一進一退の攻防から、中盤ジェイテクトはブロックを決め18-16とリードする。その後、東レはブロックやパダル、富田のアタックで追い上げを見せたが、ジェイテクトは柳田のブロックで23-21と差を広げ、セットを奪い返した。
 第4セット、ジェイテクトは柳田と都築の勢いが止まらず12-8とリードする。東レは中盤、富田、小澤のサービスエースやブロックで点差を縮める。この流れのまま、終盤に東レはパダルの強烈なアタックやブロックで24-23と追い上げるが、最後はジェイテクト・ウルナウトがアタックを決め、セットカウント3-1でジェイテクトが勝利をものにした。