試合会場レポート

試合番号139

開催日2022/11/13

2022-23 V.LEAGUE DIVISION1 MEN   V・レギュラーラウンド

会場 : 鳥取県民体育館

観客数:1100 開始時間:13:00 終了時間:14:55 試合時間:1:55 主審:原 啓之 副審:國頭 亮太

JTサンダーズ広島

監督 ロサノ ラウルルシオ
コーチ 平馬 慶太
   
通算 5 勝 3 敗
ポイント 15
1 18 第1セット
【0:23】
25 3
16 第2セット
【0:24】
25
25 第3セット
【0:24】
21
18 第4セット
【0:28】
25
第5セット
【】

サントリーサンバーズ

監督 山村 宏太
コーチ カルバリョ レオナルド
   
通算 6 勝 2 敗
ポイント 17

ポイント

0

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

3

<監督コメント>

 昨日よりプレーの質は上がったものの、サントリーの攻撃に押し切られる形で敗れてしまった。彼らの攻撃の質は非常に高く、素晴らしかった。
 ファンの皆様ご声援ありがとうございました。

18
  • 安永
     
  • ラッセル
     

  •  
  • 阿部
    (合田)
  • 坂下
     
  • 小野寺
     

1


  • 藤中(謙)
     
  • 大宅
     
  • 小野
    (西田)

  •  
  • ムセルスキー
     
  • アライン
     
25

リベロ:

唐川、西村

リベロ:

藤中(颯)

16

  •  
  • 安永
    (井上(慎))
  • 坂下
     
  • ラッセル
    (武智)
  • 小野寺
     
  • 阿部
    (合田)

2


  • 大宅
    (柏田)

  •  
  • 藤中(謙)
     
  • アライン
     
  • 小野
    (西田)
  • ムセルスキー
     
25

リベロ:

唐川、西村

リベロ:

藤中(颯)

25
  • 安永
    (井上(慎))
  • ラッセル
     

  •  
  • 阿部
     
  • 坂下
     
  • 小野寺
     

3


  • 藤中(謙)
     
  • 大宅
    (柏田)
  • 小野
     

  •  
  • ムセルスキー
     
  • アライン
     
21

リベロ:

西村

リベロ:

藤中(颯)

18

  • (合田)
  • 安永
    (西)
  • 坂下
     
  • ラッセル
     
  • 小野寺
     
  • 阿部
    (新井)

4


  • 大宅
    (柏田)

  • (西田)
  • 藤中(謙)
     
  • アライン
     
  • 小野
     
  • ムセルスキー
     
25

リベロ:

西村

リベロ:

藤中(颯)


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 本日もサンバーズへのご声援ありがとうございました。
 JT広島は昨日の敗戦から修正し臨んできたと思います。サンバーズは昨日の勝ちを良い意味で忘れる必要がありましたし、受けることなく攻める必要がありました。
 良い集中力を保ちゲームを有利に進めることができていましたが、途中途中で相手にチャンスを与えるようなシーンがあったのでそこは修正ポイントだと思います。
 JT広島は新メンバーが加入し、高さ、パワー共にレベルアップしていると感じました。今後もリーグの中心になってくるチームだと思いますので、本当にこの2連勝には価値があると思います。
 この2日間、鳥取の皆様にサンバーズの”PLAY HARD”をお見せすることができ、非常に嬉しく思います。
 アウェーではありますが、とても素晴らしい環境でプレーできたことを感謝します。ありがとうございました。

<要約レポート>

 JTサンダーズ広島とサントリーサンバーズの試合はセットカウント3‐1でサントリーが勝利した。
 第1セット序盤、サントリーはムセルスキーのスパイクなどで連続得点し、じりじりとリードを広げる。JT広島も江のスパイクで対抗するが、サントリーの勢いは止まらず、サントリーがセットを取った。
 第2セットは中盤にサントリーの一方的な展開となり、大量リードを奪う。最後は藤中(謙)が決め、サントリーがセットを連取した。
 第3セットは1点を取り合う互角の戦い。サントリーはムセルスキーが確実に決め、JT広島は江が打ち返す。我慢の時間が続く中、JT広島が抜け出し、セットを取り返した。
 第4セット、サントリーはムセルスキーが連続得点し、試合を決めにかかる。JT広島も江が踏ん張り流れを作ろうとするが、サントリーの攻撃は止まらず、このセットを取り勝利した。