試合会場レポート

試合番号145

開催日2022/11/20

2022-23 V.LEAGUE DIVISION1 MEN   V・レギュラーラウンド

会場 : このはなアリーナ

観客数:600 開始時間:14:00 終了時間:15:48 試合時間:1:48 主審:城 智人 副審:新田 浩幸

東レアローズ

監督 篠田 歩
コーチ 阿部 裕太
   
通算 8 勝 2 敗
ポイント 23
3 25 第1セット
【0:29】
23 1
21 第2セット
【0:24】
25
25 第3セット
【0:23】
19
25 第4セット
【0:23】
17
第5セット
【】

VC長野トライデンツ

監督 川村 慎二
コーチ 古田 博幸
   
通算 1 勝 9 敗
ポイント 3

ポイント

3

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

0

<監督コメント>

 本日も静岡のホームゲームへたくさんのファンの皆さんに足を運んでいただき、感謝しています。ありがとうございました。
 試合は若い選手が多く入っていたこともあり、直接点数には表れないプレーの精度が低く、チームが回っていなかったところが課題として残ったと思います。
 しっかりとこの部分を改善していけるように準備していきたいと思います。
 本日もたくさんの応援ありがとうございました。

25
  • パダル
     
  • 難波
     
  • 富田
     
  • 小澤
     
  • 西本
     
  • 酒井
    (手塚)

1


  • 中野
     
  • 下川
    (中村)
  • 三輪
    (池田(颯))
  • 森崎
     
  • アラウジョ
     
  • 池田(幸)
     
23

リベロ:

山口

リベロ:

21
  • 難波
     
  • 小澤
     
  • パダル
     
  • 酒井
     
  • 富田
     
  • 西本
     

2


  • 下川
     
  • 森崎
     
  • 中野
     
  • 池田(幸)
     
  • 三輪
     
  • アラウジョ
     
25

リベロ:

山口

リベロ:

25
  • パダル
     
  • 難波
    (上條)
  • 富田
     
  • 小澤
     
  • 西本
     
  • 真子
    (手塚)

3


  • 中野
     
  • 下川
    (中村)
  • 三輪
    (池田(颯))
  • 森崎
     
  • アラウジョ
     
  • 池田(幸)
     
19

リベロ:

山口

リベロ:

25
  • パダル
     
  • 西本
    (酒井)
  • 富田
     
  • 小澤
     
  • 上條
     
  • 真子
     

4


  • 森崎
     
  • 中野
     
  • アラウジョ
    (椿)
  • 下川
    (中村)
  • 池田(幸)
     
  • 三輪
     
17

リベロ:

山口

リベロ:


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 昨日の反省を本日の試合に出すことができた所もありましたが、東レの集中力や勢いに勝ることができませんでした。
 得点を取れる時に取り切れない場面が多く見られました。得点チャンス時にしっかりと取り切れる集中力、声等を再確認し、来週のホームゲームへと繋げていきたいです。
 本日もたくさんのご声援、本当にありがとうございました。来週のホームゲームでのたくさんのご声援もよろしくお願いします。
 2日間ありがとうございました。

<要約レポート>

 連勝を伸ばしたい東レアローズが昨日に続き、VC長野トライデンツをホームに迎えての一戦。
 第1セット、一進一退の攻防から、東レは富田、小澤のアタックで12‐8とリードする。VC長野は下川の気迫のブロックをきっかけに一時同点に追いつくも、東レは正確なサーブレシーブから得点を積み重ね、セットを先取する。
 第2セット、東レは西本がクイックにブロックと躍動し、チームの士気を高める。対抗したいVC長野はアラウジョにトスを集め、リードを奪って勢い付く。その後もVC長野は森崎、中野、三輪のアタックで得点を重ね、要所ではアラウジョが決め切り、セットカウントを1‐1とする。
 第3セット、東レは攻撃ではパダル、守備では山口が大車輪の活躍を見せ、リードする。西本のアタック、真子のツーアタックでさらに点差を広げた東レがこのセットを取り切った。
 第4セット序盤、東レが富田のアタックや上條、真子のブロックでリードするも、VC長野はアラウジョが得点を取り返す、白熱の展開。VC長野は池田(幸)のアタックで追いかけるも、東レが西本の2連続ブロックで勢いのままこのセットを奪い、ホームゲームを連勝で締めくくった。