試合会場レポート

試合番号144

開催日2022/11/19

2022-23 V.LEAGUE DIVISION1 MEN   V・レギュラーラウンド

会場 : パナソニックアリーナ

観客数:1456 開始時間:14:00 終了時間:16:19 試合時間:2:19 主審:林 淳一 副審:木内 誠二

パナソニックパンサーズ

監督 ティリ ロラン
コーチ 白澤 健児
   
通算 6 勝 3 敗
ポイント 17
3 25 第1セット
【0:25】
21 2
23 第2セット
【0:28】
25
23 第3セット
【0:30】
25
25 第4セット
【0:27】
20
15 第5セット
【0:16】
7

JTサンダーズ広島

監督 ロサノ ラウルルシオ
コーチ 平馬 慶太
   
通算 5 勝 4 敗
ポイント 16

ポイント

2

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

1

<監督コメント>

 フィジカル面、戦術面で非常に良い試合でした。
 私たちのスタートは良くて、試合が続くほどJT広島が適応してきましたが、私たちも相手に適応したので戦術的に面白い試合になりました。本当に大事な勝利です。
 選手は良いプレーをしていて、特に新選手と大竹選手が大活躍しました。
 明日もタフな試合があるので、しっかり準備をして挑みます。応援よろしくお願いします。

25
  • 小宮
    (渡辺)
  • クビアク
     
  • 清水
     
  • 深津
     
  • 仲本
     
  • 山内
     

1


  • 安永
    (山本)
  • 新井
     

  • (合田)
  • 阿部
    (熊倉)
  • 坂下
     
  • 小野寺
     
21

リベロ:

伊賀

リベロ:

唐川、西村

23
  • 清水
    (新)
  • 小宮
    (渡辺)
  • 仲本
     
  • クビアク
     
  • 山内
     
  • 深津
    (大竹)

2



  •  
  • 安永
    (西)
  • 坂下
     
  • 新井
    (武智)
  • 小野寺
     
  • 阿部
    (合田)
25

リベロ:

伊賀

リベロ:

唐川、西村

23
  • 山内
    (深津)
  • 仲本
     

  • (今村)
  • 大竹
     
  • クビアク
     
  • 小宮
    (渡辺)

3



  •  
  • 西
     
  • 坂下
     
  • 新井
    (武智)
  • 小野寺
     
  • 阿部
    (合田)
25

リベロ:

伊賀

リベロ:

唐川、西村

25
  • 小宮
    (渡辺)
  • クビアク
     
  • 大竹
     
  • 深津
    (今村)
  • 仲本
     
  • 山内
     

4


  • 西
     
  • 新井
    (武智)

  •  
  • 阿部
    (合田)
  • 坂下
     
  • 小野寺
     
20

リベロ:

伊賀

リベロ:

唐川、西村

15
  • 小宮
     
  • クビアク
     
  • 大竹
     
  • 深津
     
  • 仲本
     
  • 山内
     

5



  •  
  • 西
     
  • 坂下
     
  • 新井
    (武智)
  • 小野寺
     
  • 阿部
    (合田)
7

リベロ:

伊賀

リベロ:

唐川、西村

<監督コメント>

 勝利したパナソニックに心から敬意を表します。
 第2・3セットは選手たちの集中力も高く、サイドアウト、ブレイクともに高い数字を残し、セットを取り切ることができましたが、負けたセットはひとつミスを出すとそこから動きも悪くなり、自分たちのリズムを掴むことができませんでした。
 明日、もう一度パナソニックと戦うチャンスがあるので、休養を取り修正してベストな状態で戦う準備をします。
 本日はたくさんのご声援ありがとうございました。

<要約レポート>

 第1セット、パナソニックパンサーズは、清水を中心とした攻撃や、清水、山内の連続ブロックで終盤リードを広げる。一方のJTサンダーズ広島は、坂下の強弱をつけたスパイクや新井のサービスエースで得点を重ねるも、清水のスパイクが決まりパナソニックが先取する。
 第2セット、JT広島は新井、江のスパイクやブロックで6連続得点を上げ有利な試合展開を見せるが、パナソニック深津の多彩なトスワークで相手ブロックを翻弄し1点差まで追い上げる。しかし終盤は、江のスパイクが要所要所で決まりJT広島が奪取する。
 第3セット、第2セットの勢いそのままに、角度ある江のスパイクが次々と決まりJT広島が終始リードする。対するパナソニックは、スターティングプレイヤーに新と大竹を起用。仲本や大竹のスパイク、拾って繋ぐ全員バレーで追い上げを見せるも、JT広島がリードを守り切りセットをものにする。
 第4セット、パナソニックは伊賀の好レシーブで粘り山内やクビアクのスパイク、大竹のサービスエースで一歩抜け出すと、セットカウント2-2のタイに戻した。
 第5セット、中盤まで一進一退の攻防が続く中、大竹のスパイクやサービスエースで一気に流れを掴むと、9連続得点をあげたパナソニックがJT広島を振り切り、大声援の中ホームゲームを見事勝利で飾った。