試合会場レポート

試合番号172

開催日2023/01/07

2022-23 V.LEAGUE DIVISION1 MEN   V・レギュラーラウンド

会場 : 広島県立総合体育館

観客数:2640 開始時間:14:35 終了時間:16:12 試合時間:1:37 主審:中山 健 副審:戸川 太輔

JTサンダーズ広島

監督 ロサノ ラウルルシオ
コーチ 平馬 慶太
   
通算 7 勝 8 敗
ポイント 23
3 30 第1セット
【0:32】
28 0
25 第2セット
【0:25】
20
25 第3セット
【0:27】
22
第4セット
【】
第5セット
【】

東レアローズ

監督 篠田 歩
コーチ 阿部 裕太
   
通算 10 勝 5 敗
ポイント 28

ポイント

3

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

0

<監督コメント>

 皆さん、明けましておめでとうございます。
 広島グリーンアリーナでのホームゲームは、自分達にとっても大事な試合だったが、ストレートで勝利できたことはとても良かった。
 質の高いスパイクやサーブを継続して出せたことが勝因だったと思う。
 明日も継続して良いプレーを披露して勝利を目指したい。
 広島グリーンアリーナへお越しいただいたファンの皆様、ありがとうございました。

30
  • 安永
    (西)
  • ラッセル
     

  •  
  • 金子
    (合田)
  • 井上(慎)
    (山本)
  • 小野寺
     

1


  • 酒井
     
  • 西本
     
  • 富田
    (手塚)
  • 小澤
     
  • 高橋
    (真子)
  • パダル
     
28

リベロ:

唐川、西村

リベロ:

山口

25
  • 安永
    (西)
  • ラッセル
     

  •  
  • 金子
     
  • 井上(慎)
    (山本)
  • 小野寺
     

2


  • 富田
     
  • 酒井
     
  • 高橋
    (難波)
  • 西本
     
  • パダル
     
  • 小澤
    (手塚)
20

リベロ:

唐川、西村

リベロ:

山口

25
  • 安永
    (西)
  • ラッセル
     

  •  
  • 金子
    (合田)
  • 井上(慎)
    (山本)
  • 小野寺
     

3


  • 酒井
     
  • 西本
     
  • 富田
     
  • 手塚
    (峯村)
  • 難波
     
  • パダル
     
22

リベロ:

唐川、西村

リベロ:

山口


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

4



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。
 今年最初の試合ということで、勝利を掴みたかったですが、JT広島の強いジャンプサーブに崩されてしまい、なかなかサイドアウトをさせてもらえなかったことが敗因にあがると思います。
 明日、しっかり対策できるように準備したいと思います。
 本日は、沢山の応援ありがとうございました。

<要約レポート>

 上位チームに勝って流れに乗っていきたいJTサンダーズ広島と更なる上位進出に向けて負けられない東レアローズの一戦。
 第1セット、JT広島は江の高さのあるアタック、東レはパダルのパワー溢れるアタック、両チームのエースの打ち合いで互角の展開となった。JT広島がラッセルの活躍で中盤からリードしたが、試合はデュースにもつれ込む接戦となり、最後は江のアタックが決まってJT広島がセットを先取した。
 第2セットは東レが先に流れに乗って中盤まで先行する展開となったが、リリーフサーバー西のサーブで相手レシーブを崩したJT広島が中盤で逆転し、さらに江の連続サービスエースなどでリードを広げて、このセットもJT広島が取った。
 第3セット、後がない東レがパダル、手塚のアタックでリードした。しかし、JT広島は中盤でラッセルのアタック、サーブで逆転し、東レのミスにも助けられてそのままリードを広げ、最後は江が強烈なアタックを決めて、ホームゲームを見事なストレート勝ちで飾った。
 試合を通して、JT広島は要所でのサービスエース、怪我から復帰したラッセルの攻守にわたる活躍とセッター金子のツーアタックなどがうまくかみ合っての快勝だった。