試合会場レポート

試合番号182

開催日2023/01/14

2022-23 V.LEAGUE DIVISION1 MEN   V・レギュラーラウンド

会場 : ジェイテクトアリーナ奈良

観客数:1896 開始時間:13:05 終了時間:15:20 試合時間:2:15 主審:中山 健 副審:上村 英紀

ジェイテクトSTINGS

監督 ファジャーニ フェデリコ
コーチ 酒井 大祐
   
通算 9 勝 8 敗
ポイント 30
3 25 第1セット
【0:25】
20 1
26 第2セット
【0:33】
24
23 第3セット
【0:31】
25
25 第4セット
【0:30】
22
第5セット
【】

JTサンダーズ広島

監督 ロサノ ラウルルシオ
コーチ 平馬 慶太
   
通算 8 勝 9 敗
ポイント 26

ポイント

3

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

0

<監督コメント>

 まずは粘り強いプレーを見せたJT広島さんを讃えたいと思います。
 最後まで諦めず、一球一球に集中できたことが、勝利へとつながりました。
 いつも多くの声援ありがとうございます。
 引き続きの応援、よろしくお願いします。

25
  • ウルナウト
     
  • 西田
     
  • 村山
     
  • 福山
    (袴谷)
  • 関田
    (都築)
  • 柳田
     

1


  • 小野寺
     
  • 井上(慎)
    (武智)
  • 金子
    (合田)

  •  
  • ラッセル
     
  • 安永
    (西)
20

リベロ:

本間、高橋

リベロ:

唐川、西村

26
  • 村山
    (袴谷)
  • ウルナウト
     
  • 関田
    (都築)
  • 西田
     
  • 柳田
     
  • 福山
     

2


  • 小野寺
     
  • 井上(慎)
    (坂下)
  • 金子
    (合田)

  •  
  • ラッセル
     
  • 安永
    (西)
24

リベロ:

本間、高橋

リベロ:

唐川、西村

23
  • ウルナウト
     
  • 西田
     
  • 村山
     
  • 福山
    (袴谷)
  • 関田
    (都築)
  • 柳田
     

3


  • 金子
    (新井)
  • 小野寺
     
  • ラッセル
     
  • 坂下
     
  • 安永
    (西)

  • (合田)
25

リベロ:

本間、高橋

リベロ:

唐川、西村

25
  • 福山
     
  • 柳田
     
  • 西田
     
  • 関田
    (都築)
  • ウルナウト
     
  • 村山
     

4


  • 合田
    (金子)
  • 小野寺
     
  • ラッセル
     
  • 坂下
     
  • 安永
    (西)

  •  
22

リベロ:

本間、高橋

リベロ:

唐川、西村


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 まずは勝利したジェイテクトにおめでとうと言いたいです。サーブ、ディフェンスなどのディテールの部分が勝敗を分けたと思います。明日に向けて修正できる所は改善して、勝利を目指したいです。
 ファンの皆様、ご声援ありがとうございました。

<要約レポート>

 年明け2連勝と上位進出を目指すジェイテクトSTINGSがJTサンダーズ広島をホームに迎えての一戦。 
 第1セット、ジェイテクトは西田のバックアタックや福山、ウルナルトのブロックポイントなどで6点差までリードを広げるが、JT広島は途中交代の西の効果的なサーブでレシーブを崩し、15-15の同点に追いつく。ジェイテクトは西田の緩急をつけたアタックで徐々にリードを広げ、最後は柳田のバックアタックでセットを先取した。
 第2セット、両チームともに流れが掴めないまま中盤、ジェイテクトはウルナウトのサーブでレシーブを崩し点差を広げる。JT広島は小野寺、ラッセルの攻撃で17-17に追いつくも、ジェイテクト村山のブロックに阻まれリードを許す。このままジェイテクトが押し切ると思われた終盤、JT広島はラッセルのサービスエースや江の豪快なアタックでデュースに持ち込むも大事なところでミスが出て、ジェイテクトがセットを連取。
 第3セット、序盤は拮抗した試合展開になるが、JT広島はラッセルのサービスエースからリードを広げる。ジェイテクトは村山のブロックや西田のサービスエースで流れを引き寄せ同点に追いつく。負けられないJT広島は小野寺のブロックポイント、ラッセルのアタックでリードを広げ、最後は合田がジェイテクト柳田のアタックをブロックし、セットを奪い返した。
 第4セットも第3セット同様に両チーム一歩も譲らない試合展開となる。ジェイテクトは序盤から西田にボールを集めて得点を重ねる。JT広島は江やラッセルの攻撃、小野寺のブロックで中盤に逆転するも、終盤にジェイテクトがウルナウトの強弱をつけた攻撃、豪快なサーブで連続得点し、最後は西田のバックアタックでホームゲームの勝利を飾った。