ssh websocket sshaxor ssh ssh premium ssh sshaxor sshaxor vmess ssh ws create ssh server ssh ssh server ssh gratis Rest Api

試合会場レポート

試合番号682

開催日2022/12/04

2022-23 V.LEAGUE DIVISION2 WOMEN   V・レギュラーラウンド

会場 : 猫田記念体育館

観客数:180 開始時刻:12:00 終了時刻:13:56 試合時間:1:56 主審:熊本 結 副審:大信 寿洋

GSS東京サンビームズ

監督 笛木 彰
コーチ 平岩 沙紀
   
通算 4 勝 5 敗
ポイント 11
1 25 第1セット
【0:25】
23 3
19 第2セット
【0:27】
25
22 第3セット
【0:29】
25
20 第4セット
【0:26】
25
第5セット
【】

フォレストリーヴズ熊本

監督 中島 裕二
コーチ 和多 桃子
   
通算 1 勝 6 敗
ポイント 3

ポイント

0

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

3

<監督コメント>

 残念な結果となりましたが、今日のゲームは、熊本の素晴らしい気迫に満ち溢れたプレーを称賛したいと思います。
 執拗なレシーブと波状的な攻めを最後まで止める事ができませんでした。
 今日の敗戦を無駄にする事なく、年明けの次の試合までに修正したいと思います。
 2日間、応援に駆けつけてくださった皆様に、心より御礼申し上げます。
 ありがとうございました。

25
  • 黒田
     

  •  
  • 勝見
     
  • 色摩
    (伊藤)
  • 櫻田
     
  • 合屋
    (森田)

1


  • 和田
     
  • 川口
    (中條)
  • 浜崎
     
  • 向井
     
  • 入江
     
  • 大高
     
23

リベロ:

槇森、畠山

リベロ:

大谷

19
  • 黒田
    (菊地)

  •  
  • 勝見
     
  • 色摩
    (森田)
  • 櫻田
     
  • 合屋
    (重田)

2


  • 和田
     
  • 川口
    (中條)
  • 浜崎
     
  • 向井
     
  • 入江
     
  • 大高
     
25

リベロ:

槇森、畠山

リベロ:

大谷

22
  • 黒田
     

  • (及川)
  • 勝見
     
  • 色摩
    (伊藤)
  • 櫻田
     
  • 森田
     

3


  • 和田
     
  • 川口
    (中條)
  • 浜崎
     
  • 向井
     
  • 入江
     
  • 大高
     
25

リベロ:

槇森、畠山

リベロ:

大谷

20
  • 黒田
    (重田)
  • 及川
     
  • 勝見
    (小泉)
  • 色摩
    (伊藤)
  • 櫻田
     
  • 森田
     

4


  • 和田
     
  • 川口
    (中條)
  • 浜崎
     
  • 向井
     
  • 入江
     
  • 大高
     
25

リベロ:

畠山

リベロ:

大谷


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 選手達が本当に一丸となって試合に挑んでくれた。
 この1勝は本当にフォレストリーヴズ熊本を支えてくださった皆様のおかげです。選手達の頑張りを誇りに思う。
 まだまだリーグは続きますので、しっかり準備をしたいと思います。
 応援ありがとうございました。

<要約レポート>

 第1セット、GSS東京サンビームズは、序盤に張がアタックを決めると、さらに合屋のサーブなどで一気に7連続得点を挙げた。フォレストリーヴズ熊本は、入江のアタックなどで粘りをみせて中盤に追いついたが、最後はGSSの張が鋭角のあるアタックを決めて先取した。
 第2セット、序盤に熊本の大高がアタックを決めてリードするが、GSSも張のアタックや櫻田の移動攻撃などで粘りをみせる。中盤も熊本が、大高の技のあるアタックと入江のバックアタックなどでリードをさらに広げて、セットを奪い返した。
 第3セット、序盤に熊本が浜崎、入江のアタックでリードした。GSSは色摩のアタックなどで徐々に点差を詰めた。しかし、熊本が繋ぎのバレーで長いラリーを展開すると、最後は入江がアタックを決めて連取した。
 第4セット、後がないGSSは櫻田、及川がアタックを決めるのに対して、熊本は、大高の緩急交えたアタックとセッター向井の丁寧なトスワークから入江が決めるなど優位に進めた。最後も、入江が強烈なアタックを決めて勝利で飾った。