試合会場レポート

試合番号526

開催日2022/11/27

2022-23 V.LEAGUE DIVISION2 MEN   V・レギュラーラウンド

会場 : 旭川市リアルター夢りんご体育館

観客数:1109 開始時間:13:30 終了時間:15:58 試合時間:2:28 主審:川島 秀夫 副審:大塚 健之

ヴォレアス北海道

監督 エド クライン
コーチ 黒澤 一成
   
通算 5 勝 1 敗
ポイント 15
3 23 第1セット
【0:24】
25 2
32 第2セット
【0:35】
34
26 第3セット
【0:27】
24
25 第4セット
【0:20】
15
15 第5セット
【0:18】
12

サフィルヴァ北海道

監督 上杉 徹
コーチ 長屋 梓
   
通算 4 勝 2 敗
ポイント 13

ポイント

2

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

1

<監督コメント>

 今日は多くのファンの方々の前で、北海道のチームによる素晴らしい試合ができたと思います。レベルの高いバレーボールでした。
 V2でもこのようなレベルの試合をもっとやっていければと思います。このような試合でプレーすることでチャレンジマッチに向けて準備することができます。
 2セットビハインドでしたが、我々のプレーは悪くありませんでした。この2セットは非常に接戦でした。良いゲームプランだったと思いますし、我慢して戦い続けるだけでした。
 第3セットは、まさに激戦でした。選手全員がチームに貢献し、チームとして勝利することができました。
 今シーズンは多くの選手が入れ替わりましたが、チームとして成長していると思います。ファンの皆さまの応援も大きな力になりました。今日は本当に楽しくプレーできました。お越しいただいた皆様、ありがとうございました。

23
  • 山岸
    (関根)
  • 井上
     
  • 戸田
     
  • ペェトゥ
     
  • 樫村
     

  • (本澤)

1



  •  
  • 谷越
     
  • 岩崎
    (小森)
  • 奥田
    (阿部)
  • ジェイレン
     

  •  
25

リベロ:

外崎

リベロ:

伊庭、早瀬

32
  • 戸田
    (佐々木)
  • 山岸
    (関根)
  • 樫村
    (後藤)
  • 井上
     

  •  
  • ペェトゥ
     

2


  • 谷越
     
  • 奥田
    (小泉)

  •  

  • (小森)
  • 岩崎
    (阿部)
  • ジェイレン
     
34

リベロ:

外崎

リベロ:

伊庭、早瀬

26
  • 山岸
     
  • 井上
     
  • 佐々木
     
  • ペェトゥ
     
  • 樫村
    (後藤)

  •  

3


  • 岩崎
    (阿部)

  •  
  • ジェイレン
     
  • 谷越
     

  •  
  • 奥田
    (小森)
24

リベロ:

外崎

リベロ:

伊庭、早瀬

25
  • 佐々木
     
  • 山岸
     
  • 樫村
     
  • 井上
     

  •  
  • ペェトゥ
     

4


  • 谷越
    (佐藤)
  • 奥田
    (三浦)

  • (小森)

  • (阿部)
  • 岩崎
     
  • ジェイレン
    (鈴木)
15

リベロ:

外崎

リベロ:

伊庭、早瀬

15
  • 佐々木
     
  • 山岸
    (関根)
  • 樫村
    (後藤)
  • 井上
     

  • (本澤)
  • ペェトゥ
     

5


  • 岩崎
    (阿部)

  •  
  • ジェイレン
     
  • 谷越
     

  • (小森)
  • 奥田
    (小泉)
12

リベロ:

外崎

リベロ:

伊庭、早瀬

<監督コメント>

 まずは勝利されたヴォレアス北海道、おめでとうございます。
 常にチャレンジ精神を持ち、昨シーズン王者に挑みましたが、あと一歩及ばなかった事は大変残念です。しかし、最後まで逃げずに戦った選手を誇りに思います。
 まだまだリーグ戦は続きます。まずはしっかりフィジカルの準備をして、次週の戦いに向かいたいと思います。
 サフィルヴァ北海道に声援を送ってくださったファン、サポーターの皆様、ありがとうございました。

<要約レポート>

 共に4勝1敗同士で迎えた注目の北海道ダービー。
 第1セット、サフィルヴァ北海道は郡のスパイク、谷越のサーブが要所で決まりリードする展開に。ヴォレアス北海道は張、樫村のブロック、ペェトゥのスパイクで応戦するが、終盤、陳のスパイク、郡のブロックで突き放したサフィルヴァがセットを先取した。
 第2セット、一進一退の攻防が繰り広げられる。どちらも譲らず、デュースまでもつれる展開となったが、最後はサフィルヴァ小森のサーブからヴォレアスのミスを誘い、サフィルヴァがセットを連取した。
 第3セット、サフィルヴァは中盤、陳、岩崎の連続ブロックが決まりリードする。負けられないヴォレアスも、ペェトゥのスパイクで追いつき、再びデュースに。最後はヴォレアス後藤の好サーブからペェトゥがスパイクを決め、ヴォレアスがこのセットを奪った。
 第4セット、ヴォレアスは井上、樫村の速攻からリズムを作りリードを奪う。サフィルヴァはセッターを佐藤に変え、流れを掴もうと試みるが、ヴォレアスが押し切り、勝負はファイナルセットへ。
 第5セット、序盤から互いに譲らずゲームは終盤へ。ヴォレアスはペェトゥのサービスエースをきっかけに抜け出し、一気に試合を決めた。