試合会場レポート

試合番号761

開催日2022/11/05

2022-23 V.LEAGUE DIVISION3 MEN   V・レギュラーラウンド

会場 : 舞鶴文化公園体育館

観客数:300 開始時間:11:00 終了時間:12:27 試合時間:1:27 主審:辻本 貴大 副審:梅崎 幸人

奈良ドリーマーズ

監督 言上 真一
コーチ 丹下 雅行
   
通算 1 勝 0 敗
ポイント 3
3 25 第1セット
【0:24】
11 0
25 第2セット
【0:24】
22
32 第3セット
【0:33】
30
第4セット
【】
第5セット
【】

千葉ZELVA

監督 上田 日登
コーチ 山田 要平
   
通算 0 勝 1 敗
ポイント 0

ポイント

3

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

0

<監督コメント>

 地元関係者をはじめ、多数の皆様のご尽力により、V3開幕戦をむかえられましたことを嬉しく思います。
 試合の方は、立ち上がりサーブで攻め、優位に試合を運ぶことができました。第3セットは苦しい展開が続きましたが、課題としていたサーブレシーブで粘ることができ、接戦を制することができました。細かな部分を修正し、また明日の試合に臨みたいと思います。本日は応援ありがとうございました。

25
  • 片野坂
     
  • 江崎
     
  • 有津
     
  • 壇上
    (中西)
  • 近藤
     
  • チョン
     

1


  • 座間
    (高村)
  • 橋本
    (羽富)
  • 野沢
    (松下)
  • 高田
     
  • 齋藤(貴大)
     
  • 板橋
    (杉崎)
11

リベロ:

山根

リベロ:

野澤、遠藤

25
  • 片野坂
     
  • 江崎
     
  • 有津
    (上)
  • 岡本
    (後藤)
  • 近藤
     
  • チョン
     

2


  • 野沢
    (高田)
  • 座間
     
  • 齋藤(貴大)
     
  • 橋本
     
  • 板橋
    (杉崎)
  • 松下
     
22

リベロ:

山根

リベロ:

野澤、遠藤

32
  • 高橋
     
  • 江崎
     
  • 有津
    (片野坂)
  • 壇上
     
  • 近藤
     
  • チョン
     

3


  • 橋本
     
  • 松下
     
  • 座間
     
  • 杉崎
     
  • 高田
     
  • 齋藤(貴大)
     
30

リベロ:

山根

リベロ:

野澤、遠藤


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

4



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 開幕戦ということもあり、特別な緊張感からか選手1人1人に固さが見られました。
 第1、2セット共に連続失点からの点数を巻き返すことができず、取られてしまいました。第3セットも取られてしまったものの、良いところも多数あり、次に繋がるセットだったと思います。
 明日の試合も第3セットのようなプレーを始めから出していける様に戦っていきます。
 沢山のご声援ありがとうございます。明日も応援よろしくお願い致します。

<要約レポート>

 2022-23 V.LEAGUE DIVISION3 MENの開幕戦、奈良ドリーマーズ対千葉ZELVAの試合。
 第1セット、奈良は片野坂の安定したレシーブからコンビバレーを展開し、チョンの強烈なスパイクやジャンプサーブで点差を広げていく。ブロックを強化していきたい千葉はサイドへのオープントスに3枚で対応するも、第1セットは勢いそのまま奈良が先取。
 第2セットを取り返したい千葉は、松下にボールを集め点数を重ねる。しかし、奈良は好レシーブから攻撃へとつなげ流れをわたさない。終盤、千葉は座間のスパイクが冴えわたり18-16と熱戦を繰り広げるも、奈良・江崎がバックアタックを放ち、第2セットも終始リードしたまま、セットを連取した。
 第3セット、両チームとも勢いに乗り、中盤まで1点差の攻防が続く。千葉のブロックが奈良の攻撃を遮り、このセットをリードしていく展開となる。両チーム20点台に突入してからは一進一退でデュースの連続となるも、最後は奈良・有津のブロックが決まりセットカウント3-0で奈良ドリーマーズが開幕戦を勝利した。