試合会場レポート

試合番号772

開催日2022/11/12

2022-23 V.LEAGUE DIVISION3 MEN   V・レギュラーラウンド

会場 : 千葉公園スポーツ施設体育館

観客数:166 開始時間:13:00 終了時間:15:03 試合時間:2:03 主審:小田川 倫之 副審:矢田 義明

千葉ZELVA

監督 上田 日登
コーチ 山田 要平
   
通算 0 勝 3 敗
ポイント 1
2 26 第1セット
【0:28】
24 3
17 第2セット
【0:21】
25
14 第3セット
【0:19】
25
28 第4セット
【0:27】
26
11 第5セット
【0:16】
15

トヨタ自動車サンホークス

監督 近藤 浩
コーチ 伊藤 公浩
   
通算 2 勝 1 敗
ポイント 6

ポイント

1

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

2

<監督コメント>

 今シーズン初めてのホームゲーム。そして、何とか勝利したい一戦。相手チームのコンビネーションにブロックが翻弄される場面が多くあり、今後の課題となった一戦でした。とはいえ、フルセットまで持ち込めたのはチームとして大きいと思います。次の試合も一点一点を積み重ねて頑張っていきますので、応援よろしくお願いいたします。

26
  • 橋本
     
  • 野沢
     
  • 座間
    (高村)
  • 板橋
     
  • 高田
    (松下)
  • 齋藤(貴大)
     

1


  • 平野
    (神代)
  • 川端下
    (佃)
  • 西村
     
  • 山岡
     
  • 吉岡
     
  • 石黒
    (大野)
24

リベロ:

野澤、遠藤

リベロ:

福島

17
  • 橋本
    (山田)
  • 野沢
    (浅野)
  • 座間
     
  • 板橋
    (杉崎)
  • 高田
    (松下)
  • 齋藤(貴大)
    (高村)

2


  • 平野
     
  • 川端下
     
  • 西村
     
  • 山岡
     
  • 吉岡
     
  • 石黒
     
25

リベロ:

野澤、遠藤

リベロ:

福島

14
  • 橋本
    (山田)
  • 野沢
     
  • 座間
    (高村)
  • 板橋
     
  • 高田
    (松下)
  • 齋藤(貴大)
     

3


  • 平野
     
  • 川端下
     
  • 西村
     
  • 山岡
     
  • 吉岡
     
  • 石黒
     
25

リベロ:

野澤、遠藤

リベロ:

福島

28
  • 橋本
     
  • 松下
     
  • 座間
    (山田)
  • 杉崎
     
  • 野沢
    (高村)
  • 齋藤(貴大)
     

4


  • 平野
    (神代)
  • 川端下
    (佃)
  • 西村
     
  • 山岡
     
  • 吉岡
     
  • 石黒
    (大野)
26

リベロ:

遠藤

リベロ:

福島

11
  • 齋藤(貴大)
     
  • 松下
     
  • 座間
    (山田)
  • 杉崎
    (板橋)
  • 野沢
    (高村)
  • 橋本
     

5


  • 平野
    (神代)
  • 川端下
     
  • 西村
     
  • 山岡
    (上坂)
  • 吉岡
     
  • 石黒
     
15

リベロ:

遠藤

リベロ:

福島

<監督コメント>

 千葉ZELVAのホームゲームに挑戦者として臨んだ試合でした。強いサーブを我慢し、サーブレシーブに集中して攻撃できたことが勝因となりました。フルセットであるが、勝ち数を得たことを喜び、次の試合へつなげていきたいです。たくさんの応援をありがとうございました。

<要約レポート>

 勝ち星を先行させたいトヨタ自動車サンホークスと、地元千葉で初勝利を狙う千葉ZELVAとの試合。
 第1セットは序盤から両者とも譲らない展開となった。均衡を保ったままセットはデュースへもつれ込んだ。千葉の座間がライトからの強烈なスパイクを決めた直後、座間と交代した高村が鋭いコースへサービスエースを決め、千葉がセットを先取した。
 第2セット、セットを取り戻したいトヨタ自動車が積極的な攻めを見せ、序盤からリードを広げる。トヨタ自動車は平野、石黒、川端下のスパイクが決まり、流れを完全に引き寄せた。千葉も果敢に攻めるが、トヨタ自動車のブロックが冴え、そのままトヨタ自動車が第2セットを取った。
 第3セット、第2セットの勢いそのままにトヨタ自動車がスコアを先行。トヨタ自動車・吉岡の緩急あるスパイクで流れを作る。千葉は座間、齋藤(貴大)、松下の攻撃で応戦するも、トヨタの石黒、吉岡のスパイクとブロックを前に勢いに乗ることができない。そのままリードを広げたトヨタ自動車が第3セットを連取した。
 第4セット、後がなくなった千葉は、野沢、松下の攻めでポイントを先行、一度はトヨタ自動車に追いつかれるも、リードした状態で前半を折り返した。一進一退の攻防で、セットは終盤へ。デュースへもつれ込んだセットを取ったのは千葉。今季初勝利への望みをつないだ。
 最終セット、両者とも激しい攻め合いの中、トヨタ自動車の石黒、吉岡の活躍が光る。何とかホームゲーム初戦を白星で飾りたい千葉は、座間、野沢を中心に攻撃を組み立てるが、トヨタ自動車の力強いスパイクを止めることができなかった。接戦の末、トヨタ自動車が最終セットをものにして、今シーズン2勝目を挙げた。