試合会場レポート

試合番号778

開催日2022/11/19

2022-23 V.LEAGUE DIVISION3 MEN   V・レギュラーラウンド

会場 : 信州新町体育館

観客数:230 開始時間:15:50 終了時間:17:31 試合時間:1:41 主審:波塚 彰優 副審:宮島 秀紀

奈良ドリーマーズ

監督 言上 真一
コーチ 丹下 雅行
   
通算 4 勝 0 敗
ポイント 11
3 25 第1セット
【0:21】
19 1
25 第2セット
【0:18】
17
20 第3セット
【0:22】
25
26 第4セット
【0:31】
24
第5セット
【】

警視庁フォートファイターズ

監督 平林 康裕
コーチ 中道 元貴
   
通算 4 勝 1 敗
ポイント 12

ポイント

3

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

0

<監督コメント>

 長野県での大会を準備いただきありがとうございました。
 本日のゲームは、第1、2セットとすべり出しは良かったが徐々に対応され、また攻撃の変化についていけず厳しい戦いとなった。
 なんとか勝つことができたが、ミスが重なった部分も多く、修正し来週に臨みたい。
 本日も応援ありがとうございました。

25
  • 高橋
     
  • 江崎
     
  • 有津
     
  • 岡本
    (石渡(瑛))
  • 近藤
     
  • チョン
     

1


  • 平原
     
  • 伊藤
     
  • 大野
     
  • 阿部
    (新垣)
  • 齋藤
     
  • 中道
     
19

リベロ:

山根

リベロ:

吉澤、神谷

25
  • 高橋
     
  • 江崎
     
  • 有津
     
  • 岡本
    (高階)
  • 近藤
     
  • チョン
     

2


  • 平原
     
  • 伊藤
     
  • 大野
    (井野)
  • 阿部
     
  • 齋藤
     
  • 中道
     
17

リベロ:

山根

リベロ:

吉澤、神谷

20
  • 高橋
     
  • 江崎
     
  • 有津
     
  • 岡本
    (石渡(瑛))
  • 近藤
     
  • チョン
     

3


  • 平原
     
  • 伊藤
     
  • 大野
     
  • 阿部
    (新垣)
  • 齋藤
     
  • 河西
     
25

リベロ:

山根

リベロ:

吉澤、神谷

26
  • 高橋
     
  • 中西
     
  • 有津
     
  • 岡本
    (石渡(瑛))
  • 近藤
     
  • チョン
     

4


  • 平原
     
  • 伊藤
     
  • 大野
    (井野)
  • 阿部
    (新垣)
  • 齋藤
     
  • 河西
    (中道)
24

リベロ:

山根

リベロ:

吉澤、神谷


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 リーグ戦、優勝を目指す上で、非常に大事な試合ということでチーム一丸で臨んだ試合でしたが、非常に悔しい結果となってしまいました。そして明日も大事な試合があります。今日の悔しさを切り替えて、もう一度準備をして明日を迎えたいと思います。
 本日もありがとうございました。

<要約レポート>

 お互いに今シーズン全勝の1位・警視庁フォートファイターズと2位・奈良ドリーマーズの対戦。
 第1セット、警視庁は大野、阿部が得点をあげると、奈良は高橋がスパイクを決め追いすがる。警視庁は齋藤のスパイクで引き離しにかかるが、奈良はチョン、江崎のスパイクや岡本のブロックで5連続得点し逆転する。点の取り合いが続くが、奈良は高橋のスパイクやチョンのサービスエースでリードを広げ、最後は近藤のツーアタックが決まり、奈良がセットを先取した。
 第2セット、奈良は江崎、岡本の連続ブロックで主導権を握り、さらにサーブで相手の攻撃を狭めて近藤、有津もブロックを決めてリードを広げる。警視庁も齋藤のスパイクなどで抵抗するが点差は縮められず、最後は江崎のサービスエースで奈良がセットを連取した。
 第3セット、序盤から互いの持ち味を生かしたゲームになり、中盤まで拮抗した試合展開が続く。警視庁は阿部の4連続得点などでリードを広げ、さらに齋藤のスパイクやブロックも決まりさらに点差を広げる。奈良も岡本や江崎がスパイクを決めて追い上げるが、最後は平原がブロックを決めた警視庁がセットを取り返した。
 第4セット、奈良がリードして始まったが、警視庁も齋藤のバックアタックなどで追いすがる。中盤から、奈良はチョンや中西の攻撃、警視庁は齋藤や阿部の攻撃や中道のサービスエースなどで点を取り合い、終盤まで緊迫した攻防が続く。平原のサービスエースなどでリードした警視庁であったが、流れを引き寄せきれず、最後はチョンが連続してスパイクを決めた奈良がデュースの接戦を制し、全勝対決を制した。