試合会場レポート

試合番号780

開催日2022/11/20

2022-23 V.LEAGUE DIVISION3 MEN   V・レギュラーラウンド

会場 : 信州新町体育館

観客数:240 開始時間:13:25 終了時間:15:25 試合時間:2:00 主審:待井 広光 副審:山条 康弘

トヨタ自動車サンホークス

監督 近藤 浩
コーチ 伊藤 公浩
   
通算 4 勝 1 敗
ポイント 11
3 25 第1セット
【0:20】
18 2
28 第2セット
【0:28】
30
23 第3セット
【0:24】
25
25 第4セット
【0:21】
18
15 第5セット
【0:15】
13

警視庁フォートファイターズ

監督 平林 康裕
コーチ 中道 元貴
   
通算 4 勝 2 敗
ポイント 13

ポイント

2

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

1

<監督コメント>

 重要な試合に対して、我々は挑戦者として臨んだ。
 両チームともに力強いアタック、サーブ、ブロックを発揮し、選手達に感謝します。
 紙一重で勝利出来た事を嬉しく思います。次週のホームゲームに向けて、気を引き締めてチーム一丸となり連勝を目指します。
 たくさんの応援ありがとうございます。

25
  • 石黒
     
  • 吉岡
     
  • 山岡
     
  • 西村
     
  • 川端下
     
  • 平野
     

1


  • 平原
     
  • 伊藤
     
  • 大野
    (小山)
  • 阿部
    (新垣)
  • 齋藤
     
  • 中道
     
18

リベロ:

福島

リベロ:

吉澤、神谷

28
  • 石黒
    (大野)
  • 吉岡
     
  • 山岡
     
  • 西村
     
  • 川端下
     
  • 平野
    (神代)

2


  • 平原
     
  • 伊藤
     
  • 大野
    (新垣)
  • 阿部
     
  • 齋藤
     
  • 中道
     
30

リベロ:

福島

リベロ:

吉澤、神谷

23
  • 石黒
    (大野)
  • 吉岡
     
  • 山岡
     
  • 西村
     
  • 川端下
     
  • 平野
    (神代)

3


  • 平原
     
  • 伊藤
     
  • 大野
    (新垣)
  • 阿部
     
  • 齋藤
     
  • 中道
     
25

リベロ:

福島

リベロ:

吉澤、神谷

25
  • 石黒
     
  • 吉岡
     
  • 山岡
     
  • 西村
     
  • 川端下
     
  • 平野
     

4


  • 平原
     
  • 伊藤
     
  • 大野
     
  • 阿部
     
  • 齋藤
     
  • 中道
     
18

リベロ:

福島

リベロ:

吉澤、神谷

15
  • 石黒
     
  • 吉岡
     
  • 山岡
     
  • 西村
     
  • 川端下
     
  • 平野
    (神代)

5


  • 平原
     
  • 伊藤
     
  • 大野
     
  • 阿部
     
  • 齋藤
     
  • 中道
     
13

リベロ:

福島

リベロ:

吉澤、神谷

<監督コメント>

 昨日の非常に悔しい負けから切りかえて臨もうと一丸で挑んだ試合でした。
 トヨタ自動車のサーブレシーブがなかなか崩れず、多彩なコンビに対応できず、苦しい展開の中で選手同士でしっかり会話をし、粘りましたが一歩及びませんでした。
 リーグはまだまだ続きます。今日の負けを生かして、来週も戦いたいと思います。

<要約レポート>

 第1セット、警視庁は中道、齋藤が、トヨタ自動車は吉岡、西村が打ち合う点の取り合いが続く。トヨタ自動車の石黒がブロックとクイックで連続得点を重ねリードすると、終盤では西村のスパイクが決まり、終始鋭いサーブで攻めたトヨタ自動車がこのセットをものにする。
 第2セット、序盤はトヨタ自動車・吉岡がスパイクを決めれば、警視庁は阿部のクイックで応戦する。警視庁は大野、平原のブロックで引き離しにかかるが、トヨタ自動車も吉岡、西村の強打で食い下がる。デュースにもつれ込む両者譲らない戦いは、齋藤のバックアタックから3連続得点した警視庁が制した。
 第3セット、警視庁は齋藤、阿部が、トヨタ自動車は平野、吉岡、石黒がスパイクを決め、一進一退の攻防が続く。終盤、警視庁・齋藤のバックアタックで連続得点すれば、トヨタ自動車も平野のブロックポイントで同点とする激しい攻防となるが、最後は齋藤がブロックを決めて警視庁がセットを連取する。
 第4セット序盤、トヨタ自動車・吉岡のスパイクが続けて決まるが、警視庁・阿部の連続ブロックで逆転する。しかし、トヨタ自動車・川端下がスパイクを続けて決めたところからトヨタ自動車ペースとなり、石黒、吉岡のスパイクで攻め続けたトヨタ自動車がセットを取り、試合はフルセットへ。
 第5セット、トヨタ自動車が強いサーブから主導権を握り、石黒の連続ブロックポイントで7‐2と先行する。このあと10‐6とトヨタ自動車リードから、警視庁は齋藤のスパイク・ブロックで追いつき逆転するが、トヨタ自動車は平野、西村のスパイクで再びリードすると、粘りのレシーブから川端下のスパイクが決まり、最後は吉岡の強打でトヨタ自動車が2時間に及ぶ熱戦に勝利した。