試合会場レポート

試合番号826

開催日2023/01/21

2022-23 V.LEAGUE DIVISION3 MEN   V・レギュラーラウンド

会場 : 板橋区立小豆沢体育館

観客数:171 開始時間:15:00 終了時間:16:57 試合時間:1:57 主審:平泉 淳 副審:金廣 祐介

東京ヴェルディ

監督 田島 一浩
コーチ 田中 伸篤
   
通算 5 勝 9 敗
ポイント 14
3 22 第1セット
【0:21】
25 2
25 第2セット
【0:21】
18
16 第3セット
【0:20】
25
25 第4セット
【0:27】
21
15 第5セット
【0:16】
13

クボタスピアーズ

監督 津崎 智之
コーチ 須山 和彦
   
通算 9 勝 2 敗
ポイント 26

ポイント

2

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

1

<監督コメント>

 調子の良いクボタさんだったので正直不安もありましたが、選手・スタッフ・バックアップのメンバーを含めて団結できたゲームになった。
 後半でブロックが出て良かった。今年はブロックの強化をしてきたので結果につながり、大変うれしく思っています。
 明日も気を抜かずに頑張りたい。
 ファン・サポーター・スポンサー及び関係者の皆さま応援ありがとうございました。

22
  • 山田(駿)
    (沼口)
  • 渡辺
     
  • 石黒
     
  • 辻田
     
  • 柿沼
     
  • 山田(亜)
     

1


  • 渡邊
     
  • 大崎
     
  • 増田
     
  • 鎌苅
     
  • 井上
     
  • 枡富
     
25

リベロ:

宮田、坂上

リベロ:

早瀬川

25
  • 渡辺
     
  • 辻田
     
  • 山田(駿)
    (沼口)
  • 山田(亜)
     
  • 石黒
     
  • 柿沼
     

2


  • 渡邊
    (瀧川)
  • 大崎
     
  • 増田
     
  • 鎌苅
     
  • 井上
     
  • 枡富
     
18

リベロ:

宮田、坂上

リベロ:

早瀬川

16
  • 山田(駿)
    (沼口)
  • 渡辺
     
  • 石黒
    (藏田)
  • 辻田
    (渡部)
  • 柿沼
     
  • 山田(亜)
     

3


  • 瀧川
     
  • 大崎
     
  • 増田
     
  • 鎌苅
     
  • 井上
     
  • 渡邊
     
25

リベロ:

宮田、坂上

リベロ:

早瀬川

25
  • 渡辺
     
  • 辻田
     
  • 山田(駿)
    (沼口)
  • 山田(亜)
     
  • 石黒
     
  • 柿沼
     

4


  • 瀧川
     
  • 大崎
     
  • 増田
     
  • 鎌苅
    (田中(伸))
  • 井上
     
  • 渡邊
     
21

リベロ:

宮田、坂上

リベロ:

早瀬川

15
  • 山田(駿)
    (沼口)
  • 渡辺
     
  • 石黒
     
  • 辻田
     
  • 柿沼
     
  • 山田(亜)
     

5


  • 増田
     
  • 瀧川
     
  • 井上
     
  • 大崎
     
  • 渡邊
     
  • 鎌苅
    (田中(伸))
13

リベロ:

宮田、坂上

リベロ:

早瀬川

<監督コメント>

 結果は残念でしたが、また明日もゲームがあります。切替えて試合に挑みたいと思います。
 サーブミスが多く、自分達のリズムに乗り切れませんでした。
 負けるべくして負けたゲームだと思います。また明日、頑張ります。
 応援ありがとうございました。

<要約レポート>

 第1セット、序盤から一進一退の攻防が続く。終盤、クボタは増田のブロック、枡富のアタックなどで試合をリードする。東京Vは、山田(駿)のアタック、石黒のブロックで点差を詰めるが、最後は渡邊のアタックが決まり、クボタがセットを先取した。
第2セット、東京Vは序盤、渡辺のサービスエースから試合を優位に進める。その後も東京Vは、渡辺が随所で活躍し、徐々にリードを広げる。クボタは鎌苅、瀧川のアタックなどで反撃するが及ばず、東京Vがセットを奪い返す。
第3セット序盤は、鎌苅の攻撃による連続得点でクボタが先行する。何とか流れを変えたい東京Vは、途中交代の沼口のアタックなどで得点するも、クボタの勢いを止めることができず、最後は大崎のアタックが決まり、クボタがこのセットを取る。
第4セット、序盤は、両チーム一歩も譲らぬ試合を展開。中盤、クボタがリードするが、東京Vも柿沼のブロック、石黒のアタックなどで追いかける。終盤、東京Vは、山田(亜)、辻田の活躍で優位に立つ。最後は山田(駿)のアタックが決まり東京Vがセットを取り、フルセットに持ち込む。
第5セット序盤から両チーム一歩も譲らぬ激しい攻防を展開する。最後は山田(駿)のアタックが決まり、東京Vが勝利した。