ssh websocket sshaxor ssh ssh premium ssh sshaxor sshaxor vmess ssh ws create ssh server ssh ssh server ssh gratis Rest Api

試合会場レポート

試合番号852

開催日2023/02/11

2022-23 V.LEAGUE DIVISION3 MEN   V・レギュラーラウンド

会場 : 福岡市民体育館

観客数:150 開始時刻:15:39 終了時刻:17:08 試合時間:1:29 主審:森山 真梨絵 副審:福本 信太郎

千葉ZELVA

監督 上田 日登
コーチ 山田 要平
   
通算 4 勝 15 敗
ポイント 13
1 18 第1セット
【0:19】
25 3
25 第2セット
【0:20】
18
15 第3セット
【0:19】
25
17 第4セット
【0:22】
25
第5セット
【】

トヨタモビリティ東京スパークル

監督 松枝 寿明
コーチ 池田 正一
   
通算 8 勝 9 敗
ポイント 24

ポイント

0

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

3

<監督コメント>

 いつも応援ありがとうございます。
 第1セットは、相手のフェイントが全く上がらずにズルズルと試合が進んでしまった。
 第2セットからは、こちらのブロックなどで流れを掴むことができた。
 第3、4セットは相手の強いサーブと、こちらのミスが続きセットを失ってしまった。
 明日も応援よろしくお願いいたします。 

18
  • 浅野
    (高田)
  • 松下(和)
    (板橋)
  • 橋本
     
  • 山田(誠)
     
  • 小林
    (杉崎)
  • 野沢
     

1


  • 天谷
    (鶴田)

  •  
  • 星名
     
  • 浅川
     
  • 紅林
     
  • 岩阪
    (秋元)
25

リベロ:

遠藤

リベロ:

野田

25
  • 橋本
     
  • 松下(和)
     
  • 小林
     
  • 杉崎
     
  • 野沢
    (高田)
  • 山田(誠)
     

2


  • 天谷
     

  •  
  • 星名
     
  • 浅川
     
  • 紅林
     
  • 岩阪
    (宇佐見)
18

リベロ:

遠藤

リベロ:

野田

15
  • 小林
    (板橋)
  • 橋本
    (齋藤(貴紀))
  • 野沢
    (高田)
  • 松下(和)
    (浅野)
  • 山田(誠)
    (齋藤(貴大))
  • 杉崎
     

3


  • 天谷
     

  •  
  • 星名
     
  • 浅川
    (鶴田)
  • 紅林
     
  • 岩阪
    (高橋)
25

リベロ:

遠藤

リベロ:

野田

17
  • 橋本
     
  • 松下(和)
     
  • 小林
     
  • 杉崎
     
  • 野沢
    (高田)
  • 山田(誠)
     

4


  • 天谷
     

  • (秋元)
  • 星名
     
  • 浅川
     
  • 紅林
     
  • 岩阪
    (宇佐見)
25

リベロ:

遠藤

リベロ:

野田


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 先週の連敗をひきずることなく、しっかりと戦えた。
 第1セットのような展開を持続できるように明日の試合に臨みたい。
 最後まで応援ありがとうございました。

<要約レポート>

 5位のトヨタモビリティ東京スパークルと9位千葉ZELVAの一戦。
 第1セット、紅林、浅川、東の強力なサイド攻撃で幅広く攻めるトヨタモビリティに対し、山田(誠)と橋本のセンターから速攻で攻める千葉の対戦は、序盤から一進一退の攻防が続いたが、着実にブレイクを積み重ねていったトヨタモビリティがセットを先取した。
 続く第2セット、千葉は攻撃のパターンを一変して、松下(和)、杉崎、野沢のサイド攻撃中心の攻撃に切り替える。トヨタモビリティは千葉の攻撃にディフェンスが乱れ、徐々に試合の流れを掴んだ千葉がセットを奪い返した。
 第3セットに入ると、トヨタモビリティは千葉の攻撃にも対応し、浅川にボールを集めて試合の流れを引き寄せていく。サイド攻撃に加えて岩坂の速攻も要所で決まり、相手に試合の流れを渡さないまま第4セットも連取して勝利した。
 攻撃パターンを変えて試合の主導権を握ろうとした千葉に対し、すぐに対応して自分たちのバレーを貫いたトヨタモビリティが勝利するという、見応えのあるゲームであった。