ssh websocket sshaxor ssh ssh premium ssh sshaxor sshaxor vmess ssh ws create ssh server ssh ssh server ssh gratis Rest Api

試合会場レポート

試合番号503

開催日2023/11/04

2023-24 V.LEAGUE DIVISION2 MEN   V・レギュラーラウンド

会場 : 三郷市総合体育館

観客数:308 開始時刻:13:00 終了時刻:14:50 試合時間:1:50 主審:赤川 孝義 副審:上 健太郎

埼玉アザレア

監督 相澤 修
コーチ 徳留 清智
   
通算 1 勝 0 敗
ポイント 3
3 18 第1セット
【0:20】
25 1
27 第2セット
【0:27】
25
25 第3セット
【0:29】
23
25 第4セット
【0:25】
21
第5セット
【】

ヴィアティン三重

監督 倉田 真
コーチ 林田 文弥
   
通算 0 勝 1 敗
ポイント 0

ポイント

3

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

0

<監督コメント>

 2023-2024開幕戦、たくさんの応援ありがとうございました。第1セット、プレーに硬さがみられ、ヴィアティンの強サーブで終始リードされ難しい試合展開となりました。第2セット以降からは少しずつ埼玉アザレアの持ち味である粘り強いレシーブと、コンビネーションで3セット連取できました。
 みなさんの声援が力になります。今シーズンも頑張ります。

18
  • 筒井
     
  • 田中
     
  • 赤川
     

  •  
  • 森田
     
  • 佐藤
    (笠原)

1


  • 三好
     

  •  
  • 春藤
    (高橋)
  • 森垣(拓)
    (岡本)
  • 鳴海
     
  • 吉田
     
25

リベロ:

川崎

リベロ:

鳥原、落合

27
  • 筒井
     
  • 田中
     
  • 赤川
    (木下)

  • (小野寺)
  • 森田
     
  • 佐藤
    (笠原)

2


  • 三好
     

  •  
  • 岡本
     
  • 森垣(拓)
     
  • 鳴海
    (春藤)
  • 吉田
     
25

リベロ:

川崎

リベロ:

鳥原、落合

25
  • 筒井
     
  • 田中
     
  • 赤川
     

  •  
  • 森田
    (小林)
  • 佐藤
    (笠原)

3


  • 三好
     
  • 鳴海
     
  • 岡本
    (高橋)
  • 森垣(拓)
    (春藤)

  •  
  • 吉田
     
23

リベロ:

川崎

リベロ:

鳥原、落合

25
  • 筒井
     
  • 田中
    (小林)
  • 赤川
     

  •  
  • 森田
    (川村)
  • 佐藤
    (笠原)

4


  • 三好
     
  • 鳴海
    (端)
  • 春藤
     
  • 森垣(拓)
    (高橋)
  • 安田
     
  • 吉田
     
21

リベロ:

川崎

リベロ:

鳥原、落合


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 今シーズンも無事開幕をむかえられたことは、大勢の方々のご尽力の賜物と思います。その方々に感謝申し上げます。
 初戦という事で、難しいゲームになる事を予想したが、第1セット、非常に良い形で先取する事ができた。第2セット以降、相手の攻撃に対応することができずリズムがつかめないまま敗戦となった。
 明日切り替えて、良い試合をしたいと思います。

<要約レポート>

 昨シーズン5位の埼玉アザレアと同6位のヴィアティン三重との2023-24シーズンV2男子開幕戦は、新加入の埼玉・高の鮮烈デビューとなった。
 第1セット、埼玉は赤川、ヴィアティンは森垣の多彩なトスワークで一進一退の攻防が続く。中盤、三好の2本のブロックから主導権を握ったヴィアティンが先取した。
 第2セット、埼玉は佐藤、田中、高、ヴィアティンは岡本、鳴海、端のスパイクで一進一退の攻防が続くが、終盤埼玉は、新加入の高の活躍で粘るヴィアティンを振り切り1-1のタイとした。
 第3セット、中盤までは両チームがバックアタックを織り交ぜながら白熱した攻防が続く。第2セットに引き続き、埼玉は高の活躍と笠原のサービスエースでセットを連取した。
 第4セット、ヴィアティンの春藤、鳴海、三好のアタックに対して、埼玉は田中、高のアタック、佐藤、笠原のブロック、そして会場に駆けつけた多くのファンの声援の後押しもあり、ホームゲームを3-1で勝利した。