ssh websocket sshaxor ssh ssh premium ssh sshaxor sshaxor vmess ssh ws create ssh server ssh ssh server ssh gratis Rest Api

試合会場レポート

試合番号788

開催日2023/11/26

2023-24 V.LEAGUE DIVISION3 MEN   V・レギュラーラウンド

会場 : 田原本町中央体育館

観客数:308 開始時刻:14:45 終了時刻:16:28 試合時間:1:43 主審:上原 瑞起 副審:岡田 崇

兵庫デルフィーノ

監督 白川 佑樹
コーチ 井上 人哉
   
通算 2 勝 4 敗
ポイント 4
1 13 第1セット
【0:19】
25 3
30 第2セット
【0:33】
28
17 第3セット
【0:22】
25
16 第4セット
【0:20】
25
第5セット
【】

フラーゴラッド鹿児島

監督 島田 桃大
コーチ 榮 健博
   
通算 6 勝 0 敗
ポイント 18

ポイント

0

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

3

<監督コメント>

 今年最後の試合ということもあり、選手やスタッフ、応援して下さるファンの方々にとって特別な思いがあったと思います。フラーゴラッド鹿児島のパワーのあるサーブやスパイクに苦しむ場面もありましたが、コートの中も外も一つになって最後まで戦い抜きました。選手が増え、ベンチアウトのメンバーや控えメンバーにもドラマがありました。私自身も選手兼監督として、味わうことのできない貴重な経験が成長させてくれています。もっと成長して、もっと強く魅力的なチームになって帰ってきます。本日もたくさんの応援、本当にありがとうございました。
 「昨日の自分を追い越せ」

13
  • 諏訪
     
  • 坂本
     
  • 吉田
     
  • 山口
     
  • 中野
    (木村)
  • 梅村
     

1


  • 織田
     
  • 山本
     
  • 藤原
     

  •  
  • 長友
     
  • 津田
     
25

リベロ:

平井(銀)

リベロ:

前田

30
  • 諏訪
     
  • 坂本
     
  • 吉田
     
  • 山口
     
  • 中野
     
  • 梅村
     

2


  • 山本
     

  •  
  • 織田
     
  • 津田
     
  • 藤原
    (森山)
  • 長友
     
28

リベロ:

平井(銀)

リベロ:

前田

17
  • 諏訪
     
  • 坂本
    (後藤)
  • 吉田
     
  • 山口
     
  • 中野
    (木村)
  • 梅村
     

3


  • 織田
    (森山)
  • 山本
     
  • 藤原
     

  •  
  • 長友
     
  • 津田
     
25

リベロ:

平井(銀)

リベロ:

前田

16
  • 澁谷
     
  • 坂本
     
  • 吉田
     
  • 山口
     
  • 中野
     
  • 梅村
     

4


  • 山本
     

  •  
  • 織田
     
  • 津田
     
  • 藤原
    (森山)
  • 長友
     
25

リベロ:

平井(銀)

リベロ:

前田


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 今日は出だしから入りは良かったが、兵庫デルフィーノさんも練習試合をさせてもらった時とは別のチームのようになっており、最初は苦しかったですが、第3、4セットでいいプレーが継続できたのが勝因だったと思います。
 来週も頑張ります。

<要約レポート>

 第1セット、フラーゴラッド鹿児島は序盤から長友や織田が試合をつくり、兵庫デルフィーノを突き放していった。デルフィーノも坂本や諏訪を中心に攻撃を繰り出したものの追いつくことができずF鹿児島がセットを先取した。
 第2セット、デルフィーノは山口の速攻を起点にリードするもF鹿児島は長友や津田のスパイクで追い上げて同点とし、お互いにリードを譲らない展開となった。最後はデルフィーノ坂本が2本連続でスパイクを決めセットを取り返した。
 第3セット、F鹿児島は相手のミスと長友のサービスエースでリードする。デルフィーノも粘り強いラリーを見せたがF鹿児島が主導権を譲らずセットを取った。
 第4セット、序盤からF鹿児島は長友のスパイクや山本のブロックで主導権を握る。デルフィーノも梅村や坂本のスパイクや、粘り強いレシーブで応戦するが、F鹿児島は多彩で緩急あるスパイクで攻め、最後は森山のサービスエースで試合を決めた。これでF鹿児島は開幕6連勝となった。