V LEAGUE

NEWS

Vリーグは性的目的の盗撮や投稿からアスリートを守ります

公式

2022.01.12

Vリーグでは、アスリートの写真・動画を使⽤した性的⽬的のSNS投稿やWEB掲載を固く禁止しています。

最近、会場内で性的な意図を持ったアングルで撮影した画像や動画をインターネット上のウェブサイトへ掲載、あるいはSNSへ投稿するケースが多々見受けられます。何よりも、多くの犠牲を払ってバレーボールに打ち込み、ハイレベルなパフォーマンスをもって、それぞれのチームの活躍に貢献し、ひいては日本のバレーボール界の発展に寄与しているVリーガーの真摯な姿勢を傷つける行為に他なりません。Vリーグはこのような不適切な画像や動画の掲載や投稿を断じて許しません。

今や、老若男女のあらゆる方々がVリーグをテレビやインターネットを通じて視聴いただいています。不適切な画像の掲載や動画の配信は、そのような方々にも非常に不快な思いにさせています。このような行為を一切禁止します。

日本オリンピック委員会(JOC)では、“安全な環境を、すべてのスポーツ愛好者のために。SAVE ATHLETES, SAVE SPORT”というメッセージのもとに、アスリートへの写真・動画による性的ハラスメント防止に取り組んでいます。国内のスポーツ界全体で、アスリートが安⼼して競技に取り組める環境づくりに努めています。Vリーグも、性的目的の画像や動画の投稿・配信をはじめとする性的ハラスメントに対して、JOCに賛同して、その防止に取り組んでいきます。


▶盗撮は迷惑防止条例で犯罪として処罰される可能性があります
▶SNS 等で本人の名誉を傷つける書き込みは犯罪(名誉毀損罪)として処罰される可能性があります
▶匿名による投稿であっても、法的手続により、投稿者が特定され、損害賠償請求の対象になる可能性があります 

会場で盗撮等を見かけましたら、大会スタッフにお知らせください。また、アスリートを傷つける性的目的のSNS投稿やWEB掲載を見かけましたら、Vリーグ機構の問合せ画面(https://www.vleague.jp/inquiry/)もしくはJOCのホームページ(https://www.joc.or.jp/about/savesport/)から報告してください。

この問題を解決するには皆さんのご理解が欠かせません。これからも安心してスポーツ ができる環境を守るために、ご理解ご協力をお願いいたします。