V LEAGUE

チームの歴史

1948年、東京ガスバレーボール部を創部。長らく9人制実業団として活動を続けた。85年より6人制に移行し、翌年地域リーグ入り。98年、プレーオフを制してV1リーグ(現チャレンジリーグ)昇格。第5回大会では初優勝を飾るが、入替戦で旭化成に敗れた。この直後の03年4月、地域密着を目指してFC東京バレーボールチームへと移行し、バレーボール教室など普及活動を本格的にスタート。その後3年連続で優勝したが、入替戦では敗戦が続いた。念願がかなったのは3年連続6回目の優勝を記録した2008/09シーズン。坂本将康監督の下、V・プレミアリーグでの最高成績は5位。天皇杯と黒鷲旗では準優勝という結果を残しており、着実にトップチームへの道を歩んでいる。

チームの概要

名前
FC東京
チーム名の由来
サッカーJリーグチーム「FC東京」との共通ネーム。 都民各層から幅広くサポートされる「都民のためのJクラブ」を目指す観点から、ホームタウン名「東京」という文字を入れた、シンプルで誰にもわかり易く馴染めるものとした。
呼称(略称も含む)
FC東京
ホームタウン/サブホームタウン
東京都墨田区
チーム所在地
東京都江東区猿江2丁目15-10
体育館所在地
東京都江東区猿江2丁目15-10

登録選手

登録選手変更(過去7日以降)

背番号 氏名 登録有効日
20 プレモビッチ ピーター 2019-10-26

スタッフ

役職 氏名
監督 真保 綱一郎
コーチ PIBEIRO FABIANO
アナリスト 草柳 和希
通訳 山崎 ルシアノ ブラガ
部長 鈴木 尚文
副部長 原 文比古
副部長 高木 力
副部長 金澤 正明
総監督 吉田 清司
メディカルトレーナー 藤澤 秀猛
副部長 谷口 元
アスレティックトレーナー 八亀 康次
アスレティックトレーナー兼ストレングスコーチ 辻 直幸
マネージャー 佐藤 道子
メディカルトレーナー 東岩 政樹
トレーナー 前澤 有紀
医師 有馬 三郎
栄養アドバイザー 菅 泰夫
マネジメントスタッフ 岡野 貴洋
マネジメントスタッフ 塚田 正喜
マネジメントスタッフ 齊藤 福富美
マネジメントスタッフ 九冨 洋平
マネジメントスタッフ 大塚 強
マネージャー 小林 恭子

登録選手

背番号 氏名 登録有効日
1 迫田 郭志 2019-01-04
2 玉宅 健太郎 2017-04-07
3 橘 裕也 2013-09-09
4 山田 要平 2015-09-21
5 井上 仁 2014-10-09
6 近江 芳樹 2016-03-04
8 栗山 英之 2015-12-25
9 手塚 大 2010-10-30
10 鈴木 健太 2014-10-09
12 小田嶋 大貴 2013-12-10
13 柳町 逸太 2019-01-04
14 長友 優磨 2014-09-28
15 谷口 渉 2019-01-04
16 手原 紳 2015-12-25
17 冨田 直人 2017-01-05
19 佐藤 望実 2017-01-05
20 プレモビッチ ピーター 2019-10-26
21 平田 亮介 2018-01-01
22 宮原 和輝 2018-01-01
23 小森 郁己 2018-01-01
24 野瀬 将平 2015-12-25
26 黒田 彪斗 2018-01-01