V LEAGUE

チームの歴史

創部1974年以降40年間長野県須坂市を拠点に活動をしていた、富士通グループ長野(F長野)が前身となります。 2008年より日本バレーボール協会主催の地域リーグに長野県男子チームとして初参戦し全国優勝2回、準優勝2回、第3位1回と、参戦以降偉業を成し遂げております。部員構成は、長野県北信地方に点在する富士通グループ会社(インターコネクトテクノロジーズ、コンポーネント、しなの)のメンバーが2/3、地元企業勤務メンバーが1/3となっており、いずれも長野県出身者にて構成されております。活動は、スポーツを通じ地域に密着し定期的なバレーボール教室の開催等による青少年育成、震災復興支援活動、企業開催ボランティア活動等を実施しております。長野県バレーボール協会より顕彰10回、長野県知事、長野市長への表敬訪問4回など、地域に密着した活動を行っております。 より地域に密着した活動と、青少年の希望となるべく、2015年9月、活動拠点とする須坂市をホームタウンとすることに、行政および地域協会の合意を得、同月「(一社)日本バレーボールリーグ機構(V機構)」に準加盟申請を提出し承認を受けました。 2016-17SeasonよりVチャレンジリーグⅡに初参戦。戦績12勝9敗(第4位)となりました。 2015年11月、㈱信州スポーツプロモーションをチーム運営会社として設立。同月、チーム名を「F長野」から」公募投票の結果「長野ガロンズ」としました。ガロンズとは「GaRons」臥龍から命名されており、日本の桜100選にも選ばれている須坂市の観光名所「臥竜公園」をイメージ。今後、チームのメンバーは竜戦士となり、Vリーグという大きな舞台での活躍を期待しております。

チームの概要

名前
長野GaRons
チーム名の由来
ガロンズ「GaRons」とは公募投票の結果、日本の桜100選にも選ばれている須坂市の観光名所「臥竜公園」の「臥龍」をイメージして命名されました。
呼称(略称も含む)
長野GR
ホームタウン/サブホームタウン
須坂市/長野市
チーム所在地
長野県須坂市須坂ハイランド町1230-43 須坂ハイランド209
体育館所在地
長野県須坂市大字小山ザラメキ

登録選手

登録選手変更(過去7日以降)

背番号 氏名 登録有効日
変更はありません。

スタッフ

役職 氏名
その他 中澤 才幸
監督 篠崎 寛
チームマネージャー 北澤 理帆
運営担当 永井 伸幸
チーフトレーナー 夏目 善成
広報担当 韮崎 昌彦

登録選手

背番号 氏名 登録有効日
1 浅田 潮 2018-11-17
2 鰐川 怜児 2018-10-26
3 清水 一生 2016-07-11
4 横瀬 将 2017-12-16
5 松橋 拓也 2017-01-15
7 青木 宏門 2016-07-11
9 石坂 ハスナヌ 2019-10-17
10 坂口 舜 2017-12-16
11 松下 祐太 2019-10-17
12 山田 広大 2018-10-26
13 三角 尚久 2019-10-18
14 赤澤 悠斗 2019-10-17
15 高瀨 太一 2019-10-17
16 渡邉 稜 2016-07-11
18 酒井 駿 2019-10-17
23 平田 優斗 2018-11-17