V LEAGUE V LEAGUE

チームの歴史

1956年、日本専売公社茨木工場創業時に、9人制の同好会(専売茨木)として誕生し65年に6人制へ。全日本実業団選手権総合記念優勝大会で3位、翌年の第1回実業団リーグ(現V・チャレンジリーグ)には推薦出場した。 77年、「専売大阪」に名称変更。85年には「日本たばこ」、89年に「JT」とチーム名が改められた。 95年は第27回実業団リーグで2位。入替戦を制してVリーグ入りを決めた。 第11回大会では、セッター竹下佳江らを擁して初めて決勝ラウンドに進出し、4位に。 韓国のエース・キム,ヨンギョンらを加えた2009/10シーズンは、破竹の勢いで25連勝を達成しながら準優勝に終わったが、翌シーズンに初優勝を遂げた。 2013/14シーズンは7位となり、V・チャレンジマッチへ進出し降格。 2015/16V・チャレンジリーグⅠで優勝、その後挑んだV・チャレンジマッチに勝利し、V・プレミアリーグへ復帰を果たした。

チームの概要

名前
JTマーヴェラス
チーム名の由来
1996年、初のVリーグにおいて「Vリーグに驚くべき奇跡を!」と社員応募により決定したマスコットネームである。「マーヴェラス」とは「すばらしい、素敵な、驚くべき、不思議な、信じられない、奇跡的な」という意味の言葉である。
呼称(略称も含む)
JT
ホームタウン/サブホームタウン
大阪府大阪市/兵庫県
チーム所在地
〒531-0075 大阪府大阪市北区大淀南1-5-10
体育館所在地
〒663-8234 兵庫県西宮市津門住江町13-20

ユニフォーム

年表

1956年(昭和31年)
茨木工場創業時に同好会として9人制チームが誕生(専売茨木)
1969年(昭和44年)
第1回実業団リーグ発足。リーグ入りを推薦される。
1977年(昭和52年)
『専売大阪』と名称変更
1981年(昭和56年)
実業団リーグ(現・V1リーグ)へ昇格
1982年(昭和57年)
再び地域リーグへ 降格
1985年(昭和60年)
『日本たばこ』に名称変更
1989年(平成元年)
『日本たばこ』から『JT』に名称変更
1991年(平成3年)
地域リーグで優勝し、実業団リーグに昇格
1996年(平成8年)
実業団リーグで2位となり、入替戦も勝ってVリーグへ昇格
1996年(平成8年)
新体育館・合宿所竣工(兵庫県西宮市)
1996年(平成8年)
第3回Vリーグ初参戦(8位)
1999年(平成11年)
V1リーグで優勝し、3年ぶりのVリーグ復帰
1999年(平成11年)
第6回大会7位、第8回大会最下位で降格
2002年(平成14年)
第10回大会で復帰
2003年(平成15年)
第52回 黒鷲旗準優勝
2004年(平成16年)
第53回 黒鷲旗準優勝
2004年(平成16年)
アテネ五輪に竹下佳江が出場
2006年(平成18年)
2006/07V・プレミアリーグで準優勝
2008年(平成20年)
北京五輪に竹下佳江、河合由貴が出場

過去の戦績・試合結果

V・プレミアリーグ

シーズン 成績 参加チーム数
第3回(1996/97) 8位 8チーム
第6回(1999/2000) 7位 10チーム
第7回 (2000/01) 8位 10チーム
第8回 (2001/02) 9位 9チーム
第9回 (2002/03) - -
第10回 (2003/04) 7位 10チーム
第11回 (2004/05) 4位 10チーム
第12回 (2005/06) 7位 10チーム
2006/07シーズン 準優勝 10チーム
2007/08シーズン 8位 10チーム
2008/09シーズン 9位 10チーム
2009/10シーズン 準優勝 8チーム
2010/11シーズン 優勝 8チーム
2011/12シーズン 5位 8チーム
2012/13シーズン 6位 8チーム
2013/14シーズン 7位 8チーム
2014/15シーズン - -
2015/16シーズン - -
2016/17シーズン 4位 8チーム
2017/18シーズン 準優勝 8チーム

登録選手

登録選手変更(過去7日以降)

スタッフ

役職 氏名
部長 則包 雅巳
GM 當麻 浩之
事務局長 広瀬 一芳
副部長 徳元 幸人
広報 堀内 誠司
総務 申 東珠
監督 吉原 知子
コーチ 丹山 禎昭
コーチ 井上 裕介
コーチ 松田 健太郎
コーチ 和中 謙治
S&Cコーチ 山内 亮
アナリスト 宮城 果歩
マネージャー 吉野 大輝
トレーナー 上村 宗男
トレーナー 古川 美幸
通訳 光山 優香里

登録選手

背番号 氏名 登録有効日
1 芥川 愛加 2010-05-27
2 林 琴奈 2018-02-09
3 小川 杏奈 2014-01-30
4 橘井 友香 2015-01-23
5 柴田 真果 2016-12-23
6 田中 瑞稀 2014-01-30
7 田中 美咲 2013-12-26
9 ミハイロヴィッチ ブランキツァ
10 栗原 恵 2018-06-24
11 目黒 優佳 2017-12-08
14 ヒックマン ジャスティス 2018-02-12
15 小幡 真子 2015-01-23
16 山本 美沙 2015-01-23
18 橋本 梨紗 2016-02-27