ssh websocket sshaxor ssh ssh premium ssh sshaxor sshaxor vmess ssh ws create ssh server ssh ssh server ssh gratis Rest Api

V LEAGUE

NEWS

【V2男女・V3男子】今週の見どころ(1/8-1/10)

コラム

2022.01.05

1/8-1/9 見どころ/V2男子

 

全勝のトップ3が激突!

 V.LEAGUE DIVISION2 MENV2男子)は2022年のスタートから、いきなり10戦全勝のトップ3が激突。ここまで3位のヴィアティン三重がホームの亀山市西野公園体育館(三重県)を舞台に、1月8日(土)に1位のヴォレアス北海道、翌9日(日)に2位の富士通カワサキレッドスピリッツを迎えて対戦する。

 注目ポイントは過去4シーズン連続優勝の富士通、2シーズン連続準優勝のヴォレアスという常勝軍団を相手に、新興勢力とも言えるヴィアティンがどんな戦いを挑むか。大型補強によって攻撃力を高め、昨シーズンの7位(9勝10敗の負け越し)から躍進しているヴィアティンだが、出だしでペースをつかみ損ねたり、接戦時にコンビネーションを乱すなど、新生チームならではの不安要素がなかったわけではない。ヴィアティンが2021年の最終戦からどんな調整を経てホームでの大事な連戦に臨むのか、その戦いぶりに期待したい。


いずれにせよ、3チームによる対戦結果が今後の優勝争いに大きく影響することは間違いない。それに加え、8日に富士通、9日にヴォレアスと同会場で対戦して下剋上をねらうつくばユナイテッドSunGAIA(5位・6勝3敗)の存在も無視できない。今週末の三重会場は、全試合で目の離せない戦いが続きそうだ。

 

 
 そのほか、東村山市民スポーツセンター(東京都)では警視庁フォートファイターズ×きんでんトリニティーブリッツの2連戦が、千葉公園体育館(千葉市)では8日(土)に大同特殊鋼レッドスター×奈良ドリーマーズ、千葉ZELVA×東京ヴェルディ、9日(日)に東京V×奈良、千葉×大同特殊鋼が、住吉スポーツセンター(大阪市)では8日(土)にクボタスピアーズ×サフィルヴァ北海道、埼玉アザレア×兵庫デルフィーノ、9日(日)にクボタ×埼玉、サフィルヴァ×デルフィーノの対戦がそれぞれ行われる。(順位・勝敗数は下記記載。)

年明け第1週から、各地で多くのチームが再スタートを切るV2男子。その熱戦を見逃す手はない。


<前試合の振り返り>
つくば vs トヨタ自動車 ヴォレアス vs デルフィーノ 奈良 vs 警視庁 ヴィアティン vs 埼玉 千葉 vs 富士通 大同特殊鋼 vs サフィルヴァ 東京V vs きんでん

<12月5日現在の順位>


<BACK NUMBER>
【コラム】V2男女今週の見どころ(12/4-12/5)

1/8-1/9 見どころ/V2女子

 

後半戦巻き返しを狙う4チーム

 2022年第1週のV.LEAGUE DIVISION2 WOMENV2女子)には、ここまで下位に甘んじているものの、ここからの巻き返しを狙う4チームが登場。フォレストリーヴズ熊本(10位・0勝7敗)のホーム、熊本市総合体育館(熊本県)の1会場にて2日で4試合が行われる。

1月8日(土)は第1試合がブレス浜松(9位・2勝3敗)と大野石油広島オイラーズ(6位・2勝4敗)の対戦。昨季のV・レギュラーラウンドでは、競り合ったものの浜松が2戦2勝を飾っているが、今回の対戦で力関係が明らかになるか。 浜松は松川美咲を軸にチーム別のサーブレシーブ成功率1位とディフェンスは安定しているが、特に前衛の攻撃から思うように得点できていないのが課題だった。大野石油はここまでサーブが好調とは言えない状態であり、浜松は自分たちの攻撃を展開するチャンスがあるはず。ただし大野石油も牛頭七海増田美久らのブロックで特に高い効果をマークしており、ネット際の攻防がやはり勝負のポイントとなってくる。




 第2試合は熊本が千葉エンゼルクロス(8位・2勝6敗)を迎えての一戦。昨季は2度対戦し、千葉がストレートで2勝している。しかし熊本は今季もここまで全敗ながら、3位のルートインホテルズブリリアントアリーズや5位のGSS東京サンビームズをフルセットまで追い込む健闘を見せており、初勝利に向けてホームで士気は高い(千葉は今季、この2チームにはいずれも1-3で敗戦)。熊本が白岩蘭奈川口美久、千葉は石川綾菜鶴田佳菜といったスパイカーを軸に、激しいラリーを展開することが予想される。

 翌9日(日)は第1試合で大野石油と千葉が、第2試合で熊本と浜松が対戦。いずれのチームにとっても貴重な連戦となるこの週末。幸先よく、新年をスタートできるのはどこなのだろうか。

 なお今週末の4試合は、会場での観戦が可能(チケット発売中)であることに加えて、V.TVでの配信が予定されている。


 

<前試合の振り返り>
GSS東京 vs ルートイン アランマーレ vs 大野石油 JAぎふ vs 仙台

<12月5日現在の順位>


<BACK NUMBER>
【コラム】V2男女今週の見どころ(12/4-12/5)


1/9-1/10 見どころ/V3男子

 

総当たり1巡目を終えての結果は!?

 新年1月9日(日)、10日(月・祝)が開幕2週目となるV.LEAGUE DIVISION3 MENV3男子)。淀之水学院 城山キャンパス体育館(大阪府豊能郡)では2日間で4試合が行われるが、今回はリモートマッチでの開催となっている。

 出場4チームの間での対戦は、9日で早速一巡する。ここで全チームとの顔合わせを終えて、10日からは2巡目に突入することとなるこの週末、いよいよリーグ戦ならではのおもしろさがスタートするとも言えるのではないだろうか。

 5回戦総当たり方式で争われる今季のV3男子において、もちろん各チームは闇雲に毎週の戦いを消化していくわけではない。データ分析と対策を繰り返す中、限られた戦力の何をどのタイミングで重視すれば、想定される相手の対応の裏をかいて、有利に戦いを運ぶことができるのか? 無数の要素が絡み合うことで、同じカードの対戦でも異なる戦況が次々と生まれてくることは常に興味深い。

 特に開幕週からここまで、約1ヵ月試合のなかった期間において、全日本インカレや天皇杯ファイナルラウンドを終えた大学生たちがチームに合流しているケースは少なくないため、出場選手やそれにともなう戦力分布も変わってくることが予想される。そうした事情もあって、個人技術ランキングが大きく意味を持ってくるのは、まだもう少し先のことになるのかもしれない  
 また、10日は成人の日の開催ということだが、近畿には、フランシス,ムヤカバング後藤陸翔武田大直東影夏海松浦陣羽鹿嶌俊佑の6名の所属選手が成人となる。どの選手も近畿大学に在学しており、チームへの合流が間に合えば、おめでたい日に各選手の活躍が見られるかもしれない。

 

 
 いずれにせよ、再び動き始めるV3男子。実質、初参戦のシーズンで好スタートを切ったアイシンティルマーレ(1位・2勝0敗)が全勝を守るのか? 昨季はリーグ不参加だったトヨタモビリティ東京スパークルと、V2から降格して再浮上を狙う長野GaRons(ともに1勝1敗)はいくつ勝ち星を伸ばせるのか? あるいは昨季王者の近畿クラブスフィーダ(4位・0勝2敗)の逆襲が始まるのか? 対戦を重ねるほどに魅力を増すリーグ戦の行方は、ふたを開けてみなければわからない。


<前試合の振り返り>
長野GR vs 近畿 トヨタモビリティ vs アイシン

<12月5日現在の順位>


<BACK NUMBER>
【コラム】V3男子今週の見どころ(12/4-12/5)